英語講座 内容紹介

2月より、2012年の英語講座が始まります。英語講座は「初級」と「中級」の2つのコースにわかれます(初級についての詳細は、現在準備中です)。

「英語講座へのお誘い」

2011年9月11日 国語専科教室 工藤順一

おそまきながらも2011年から小学校で英語の教育がはじまりました。実は、私にも小学校の6年生のとき独学で英語をはじめて1年くらいで中学生程 度の文法を身につけてしまったという経験があります。その後、大学入試まで、英語のテストで困ったことはありませんでした。そして、このような仕事ですか ら、最近出された「日本人の9割に英語はいらない」というタイトルの本の、その9割に該当してしまう生活を40歳くらいまではしておりました。ところが、 丁度47歳になったころです。アメリカからある書類がファックスで送られてきて、それを翻訳してほしいと依頼されました。もちろん、喜んで、しかも苦心惨 憺し、しまいには、東大の英語専門の先生の助けまでお願いして翻訳を完成してから、私の人生は少し変わりました。人生には何があるか分からないものです。

実は、これは、英語でなくても、アラビア語とか中国語でもよかったのです。外国語を学ぶことで自国語である日本語のことが、相対的に分かるようになり、私の場合には、ますます自国語に興味を持つようにもなりました。

今年の4月から、英語の講座を開始したのは、簡単に言うと上のような理由があり、私がしたように、文法からではなく、いまの日本人に一番欠けている 耳からの英語を中心に展開しています。また、これは多角経営としてでもなく、ほとんど利益を度外視したものです。10月から、英語の講座には、中2以上の 初級クラスが加わり、外資系の会社で日常的に英語を使用して仕事をしていらっしゃる伊藤郁恵講師をお招きしております。中級クラスは、アメリカの大学でマスターを習得して翻訳者でもあり、当教室のベテラン講師でもある伊藤雄二郎が担当します。

  • 英語講座 【初級】
    • 詳細については、現在準備中です
  • 英語講座 【中級】 高1より、計5名までの募集
    • 【日時】 月3回 日曜日 13:00~14:30 恵比寿教室新フロア
    • 【月謝】 1ヶ月 4,000円
    • 【教材】 『ロアルド・ダール傑作短編集』(別途教材費1,890円を、初回のお月謝と合算していただきます。前期(10月まで)の講座にご参加いただいた方は、テキスト代は必要ありません。)

詳しい内容については、各クラスのリンク先をご覧になってください。
お申し込みの詳細は、次のページへお進み下さい。

ゴールデンウィークのお休みについて

4月29日(日)から5月5日(土)まで教室はお休みとなり、授業はございません。授業再開は5月6日(日)からとなります。この間にいただいたメールや留守番電話のメッセージにつきましては、5月6日(日)以降、順次ご返信いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

本日(2/2)の授業(開講)について

ご通室いただいているみなさま

 

本日2月2日(金)の授業につきまして全教室通常通り実施いたします。

ご通室される際にはお足元にご注意くださいませ。

本日の授業(開講)について

ご通室いただいているみなさま

 

本日1月22日(月)は首都圏におきましても降雪が確認できますが、

授業につきましては全教室通常通り実施いたします。

ご通室される際にはお足元にご注意くださいませ。

2018年を迎えて

国語専科教室

地球の向こう側で起きていることがリアルタイムで目の前に展開される時代になりました。情報の伝達という意味では、地球はそれだけ小さくなっています。現代では、莫大な量の情報を取捨選択し、真に必要な情報を整理して現状を見極める能力が必要です。民間企業でも定型的な作業にロボットを導入する動きが出てきています。ロボットは確かに爆発的に増加する情報を記録し、再現することに長けていますが、新しい環境の出現に対応する能力では人間に劣後します。現状を見極め、想定される状況をロボットに教え込むのは我々人間なのです。

そうは言っても、人工知能の出現により我々は従来の考え方を根本的に変える必要があります。グローバリゼーションということばが日常茶飯事に使われる現在の状況下で、世界で通用する子どもを育てていくことが我々国語専科教室の使命です。このように日々変化する環境の中で、地面に足をしっかりとつけ、柔軟な発想力を持って自分の考えを的確にまとめ、それを他者にいかにうまく伝えていくか、そんな子どもを当教室から輩出することが我々の目指すところです。そうした力は普遍的に求められるものです。

これまでの考え方を刷新しようとする動きは教育界においても現れています。2020年から開始を目指す大学入試共通テストにおける記述問題の取り扱いが議論の1つにあがっていることも、その一例と言えるでしょう。しかし、現在の当局の対応を新聞の報道等で見る限りでは、まだ十分に練り上げられたものにはなっているとは言えません。日本の教育を取り巻く課題がそこに見え隠れしています。

しかしながら、ある事象、すなわち目の前の図や文章を見て、どこに注目し、どのように自分の考えを組み立てていくか、そしてそれをいかに客観的に自分の意見として展開するか、国語専科教室ではこれを小学校の高学年から指導し続けてきました。我々のカリキュラムは、中学、高校生に至るまで続いています。そればかりか、それを通して学び得たことは、大学生や社会人になってからも自分自身を支える大きな力となっていくことでしょう。

もはや暗記だけの入試対策は時代遅れです。自分のことばで考え、自分の意見を書くことのできる、そういう子どもたちが、世界との距離が縮まりつつある今の時代に求められています。ぜひ一度、1997年の創設以来培ってきた当教室の授業を体験してみてください。ここで述べたことを実感していただけると信じております。

年末年始の授業について

12月29日(金)~2018年1月3日(水)まで、教室は冬のお休みをいただきます。その間、授業はございません。

この期間にいただいたお申し込みやお問い合わせについては、1月4日(木)以降、順次お返事いたします。 メールは、「お問い合わせページ」よりお寄せいただくか、office△mail.kokusen.net(△を@に替えてご利用下さい)宛にお送りください。 また、年間の授業日程については、こちらのページ(年間日程)をご覧ください。

今年も誠にありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

読書探偵作文コンクール2017/中高生部門結果発表

読書探偵作文コンクール2017の中高生部門の結果が発表されました。
中高生部門では当教室に通う野上さんが優秀賞を受賞しました。
詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

読書探偵作文コンクール 中高生部門 公式サイト

読書探偵作文コンクール2017/小学生部門結果発表

読書探偵作文コンクール2017の小学生部門の結果が発表されました。
小学生部門では最優秀賞、優秀賞等計8名の内、当教室の生徒さん4名(最優秀賞2名、優秀賞2名)が受賞しました。
詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

読書探偵作文コンクール 小学生部門 公式サイト

夏期休暇のお知らせ

当教室では8月5日(土)から8月17日(木)までを夏期休暇とさせていただいております。この期間中、授業はございません。教室へのメール等によるお問い合わせにつきましては、8月18日(木)以降順次お返事をさせていただきます。ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

※通年の授業日程につきましてはこちらをご覧ください。

障害情報:ホームページの一時的なアクセス障害について

2017年7月29日(金)19:00ごろから8月2日(水)13:30ごろまで、教室のホームページが閲覧できない状態となっておりました。現在は復旧いたしましたが、この間にホームページを訪ねてくださったみなさまにはご不便をおかけいたしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

2017年度 算数基礎講座のご案内(受付終了)

ご好評頂いております算数基礎講座を長期休暇中の特別集中講座として開講いたします。国語専科教室に通室中の方に限らず、どなたでもご参加いただけます。

算数は単に公式や解き方を覚え、そこに数字を当てはめて計算していけば良いものではありません。現実の世界を切り拓いていく力は、自ら考えをめぐらし、問題の解決を図るよう努めていかなければ育まれません。
算数基礎講座は、こうした当教室の考え方を算数という分野でも実現するものです。
オリジナルのテキストを用いて算数の根本的な理解を深めるとともに、講座を通し、なぜ一つの問題に対しこれほど多様な解き方があるのかといった多くの発見を体感できるものと思います。
夏休みは6回にわたり実施します。他と一線を画す当教室の算数基礎講座のご受講をぜひご検討ください。

詳しくはこちらのページをご覧ください。また、これまでの参加者の声はこちらでご紹介しています。

講座概要 

【内容】 基礎講座全12回のうち、基本となる6回分を実施いたします。

  • 第1回 「点と線」で遊ぼう
    点が動いて線ができ、線が動いて面ができることを実感しながら、線画を描く。立体の見取り図、場合の数、一筆書きなど。
  • 第2回 「面積図」を描こう
    さまざまな量を面積図で表現する。かけ算の式と答えの表現、つるかめ算、等差数列の和など。
  • 第3回 「かけ算」の研究
    小数、分数のかけ算と答えを表現する。それをもとにして、小数、分数のかけ算の計算方法を自力で見つける。
  • 第4回 「わり算」の研究
    小数、分数のわり算と答えを表現する。それをもとにして、小数、分数のわり算の計算方法を自力で見つける。
  • 第5回 「約数・倍数」の研究
    素数、素因数分解、互除法、最大公約数、最小公倍数など。
  • 第6回 「三角形」で遊ぼう
    多角形の内角和と外角和、二等辺三角形の性質、直角三角形の性質、図形の拡大など。

【対象】 小学校4年生~6年生

【教室】 恵比寿教室 新フロア教室

【定員】 各ターム4名程度

【参加費】 32,400円
※受講キャンセル時におけるご返金について
各タームの開催初日の6日前から1日前のキャンセルは受講料の2割を、当日のキャンセルは全額をいただいております。あらかじめご了承ください。

スケジュール

第1ターム:7月25日(火)、7月26日(水)、7月27日(木)、8月1日(火)、8月2日(水)、8月3日(木) 全6回(開催終了)
第2ターム:8月22日(火)、8月23日(水)、8月24日(木)、8月29日(火)、8月30日(水)、8月31日(木) 全6回(開催終了)

※ 時間は13:00~14:30です。第1タームと第2タームの内容は同じです。

お申込み方法

夏の算数基礎講座お申込みフォーム
※ 各タームともお申し込みを締め切りました。

※算数基礎講座のほかにも、夏の体験教室読書感想文コースもございます。

Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2018 | base design criated by Ani World.