著作とメディア

工藤の著作と教室の市販教材、および雑誌や新聞・テレビなど各種メディアによる取材の情報を集めました。

「著作とメディア」 記事一覧

フジテレビ「バイキング」で国語専科教室が紹介されます

2016年5月31日(火)11:55~放送予定のフジテレビ番組「バイキング」にて、国語専科教室が紹介されます。 スタジオには工藤順一教室代表が登壇し、教室独自のメソッドやその効果について語る予定です。 多くの方にご覧いた …続きを読む »

福島大学の入学試験(小論文)で『文書術』が使われました

福島大学・人間発達文化学類で、今年度の学士入学・編入試験の小論文試験として『文書術』中公新書と、『作文王・トップレベル』から引用されて出題されました。昨日、その許諾をしたので、おって福島大学のホームページ上でも見られると …続きを読む »

「読書メーター」で工藤順一の著書のレビューが見られます

読書メーターのレビューをご紹介します。 この教室では、これらの本のレビューの内容通りの授業が行なわれています。 それを、教室とは関係のない読者が評価してくださいました。 『文書術―読みこなし、書きこなす』 (中公新書) …続きを読む »

dokusho
『書きこむだけで読書感想文がすらすら書ける』発売のお知らせ

4月30日、当教室が作った読書感想文のためのテキスト、『書きこむだけで読書感想文がすらすら書ける』が発売されました。 書店やオンライショップで購入できますので、ぜひともお手に取っていただければ幸いです。 (以下の画像をク …続きを読む »

短歌
『国語がもっと好きになる文章教室 短歌はこうつくる』創作の実践報告

小学4年生3人と6年生1人のクラスで「短歌はこうつくる」を用いた授業をしました。90分の授業の中で、短歌はどんな歌か、どんなときに歌うのかを知り、自分自身の一首をつくるところまでいきます。 1.短歌ってどんな歌 五七五七 …続きを読む »

ファンタジー
『国語がもっと好きになる文章教室 ファンタジーはこうつくる』創作の実践報告

「ファンタジーはこうつくる」(合同出版)のテキストを活用した創作の実践を報告いたします。 Aさん(小4)は、教室に通い始めて約8か月の、物静かな女の子です。読書が好きで本を読むうちに、自分でもおはなし作りをしてみたくなっ …続きを読む »

文章教室シリーズ1
「国語がもっと好きになる文章教室」シリーズのご紹介

教室主宰工藤順一の監修による『国語がもっと好きになる文章教室』シリーズが合同出版より刊行されました。 本シリーズは、「子ども俳人になる! 俳句はこうつくる」「子ども歌人になる! 短歌はこうつくる」「子ども詩人になる! 詩 …続きを読む »

『小三教育技術増刊 授業のアイディアとプリント 3年 2012年 10月号』(小学館)

これは、2010年の7/8月号の同雑誌に掲載された「読書感想文はこう教える」の再掲載でもあり、今回は、トップ記事になっています。 この雑誌は、学校の教師を読者対象にしているもので、かなり以前に、ここに紹介して、いまは、「 …続きを読む »

『デュケレ Vol.13』(日経新聞社)

現在、発売中の 『デュケレ Vol.13(日経ムック』 (日経新聞社)に、読書について、当教室主宰・工藤順一のインタビューと読書サポートの実践アイディアが掲載されています。どうぞご高覧くださいませ。

小学生の学力を伸ばす本 考える力が身につく勉強術 (別冊宝島)

現在、発売中の 『小学生の学力を伸ばす本 考える力が身につく勉強術』 (別冊宝島 1903 スタディー)に、当教室主宰・工藤順一のインタビューと実践例が14ページに渡って掲載されました。どうぞご高覧くださいませ。

Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.