教室の活動

国語専科教室には、定式化された「授業マニュアル」といったものは存在しません。生徒の「自由と自律」を目指し、講師たちは日々より良い授業を探求しています。また、生徒たちも自分自身を軸に据えた生きた言葉を紡ぎ出します。ここでは、そうした活動の一部をご紹介致します。

「教室の活動」 記事一覧

読書探偵作文コンクールについて

先日、2013年読書探偵作文コンクールの結果が発表され、公式サイト上で受賞作品の全文が掲載されています。 国語専科教室の生徒も多数このコンクールに応募し、見事に受賞された生徒もいます。 そちらのページへのリンクを設けまし …続きを読む »

第2回歴史講座のお知らせ

第2回歴史講座開催のお知らせ  1年ぶりに、第2回目の歴史講座を開催いたします。今回のテキストは、太平洋戦争中の群馬県の、ある高等女学校に通う生徒の直筆の日記です。第一次史料です。参加者には、日記のコピーをお配りしますが …続きを読む »

物語の中の町(Nさん・小5)

「物語の中の町」  (Nさん・小学校5年生)  私は、夏休みに、新潟県の上越市に行った。上越市出身の杉みき子さんが書いた『小さな町の風景』を読み、その町に行ってみたいと思ったからだ。たまたま長野県出身の父と石川県出身の母 …続きを読む »

『マッピング・コボ』とその方法 特殊解から一般解へ

国語専科教室講師小林敦による授業実践のレポートをご紹介いたします。 当教室スタンダードクラスの基本カリキュラムの一つである「コボちゃん作文」に、同じく当教室が思考のための方法として取り入れている「マッピング」という手段を …続きを読む »

MH900298453
実験を行う上で重要なこと(Sくん・高校2年生)

「実験を行う上で重要なこと」 ちくま評論入門 「ふたつの誤り」福岡伸一 を読んで(Sくん・高校2年生)  私はこの文章を読んで、実験を行うときは仮説にとらわれず、実験結果だけに注目して次の実験を行うべきだと思った。なぜな …続きを読む »

illust59
大好きな弟(Yさん・小4)

本文 わたしは弟が好きです。おもしろいから好きです。 たとえば、受けんで、魚を二ひき、つりざおを一こ作るという工作がありました。けれども、弟は、魚を一ぴき、長ぐつを一つ、つりざおを一つ作りました。そして、通りかかった先生 …続きを読む »

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
講演会報告「岡田淳先生 特別講演会」

2013年3月31日(日)、作家の岡田淳さんが、当教室の生徒と保護者のために、関西から上京してお話をしてくださいました。会場となった東京・青山の<こどもの城>研修室に総勢約140名が集まり、約2時間にわたって行われた講演 …続きを読む »

音楽ワークショップ報告『音・ことば・沈黙のためのエチュード by Jun Kawasaki/contrabass』

  2013年1月14日、音楽ワークショップ『音・ことば・沈黙のためのエチュード』を、月光町アパートメントで開催しました。今回コントラバスを演奏してくださった河崎純さんは、世界を舞台に活動される音楽家ですが、本 …続きを読む »

13_2
「プラトンとヒュームの比較作文 」(Nさん・中学3年生)

  【プラトンとヒュームの比較作文 】(Nさん・中3)    ヨースタイン・ゴルテルは『ソフィーの世界』という本で様々な哲学者の考え方をわかりやすく解説しています。この本の中で描写されているプラトンとヒュームの …続きを読む »

第12回算数基礎・応用講座

一昨年度より開講してご好評頂いております算数講座を今年度も開講しております。第12回目は3月24日(日)です。 基礎講座:3月24日(日)11:00~12:30 【規則性の応用】  前回のつづきで、規則性を読み取って応用 …続きを読む »

Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2019 | base design criated by Ani World.