生徒作品

教室に通っている生徒さんの作品を紹介致します。いずれも力作揃いです。今後さらに公開していく予定です。ご期待ください。

「生徒作品」 記事一覧

germany
ドイツについて(小3・S君)

ドイツについて(小3・S君) 今日は、ドイツのことをしょうかいする。正式名称は「ドイツ連邦共和国」だ。ドイツの首都は、ベルリンで、ベルリン州にあるが、ベルリンは都市国家だ。ドイツの州は、十六ある。 ドイツといえば、ソーセ …続きを読む »

work_image_3D
3D映像は普及するか(高2・Y君)

『3D映像は普及するか』 高2・Y君 今、3D映像がブームになっている。これまで2Dが映像の主流であり、当たり前だった世間になぜ3D映像が入ってくるようになったのか。そのきっ かけとなったのは、3D映像で制作された映画で …続きを読む »

51AGnix7lhL._SL500_AA300_
読書感想文『ブンナよ、木からおりてこい』(小5・Nさん)

「役目をもって生まれてきたのだから」 (『ブンナよ、木からおりてこい』読書感想文) 5年 Nさん 私は死にたくない。ずっと生きていたい。この本を読んでつくづく思った。 私の読んだ本は、水上勉さんが書いた『ブンナよ、木から …続きを読む »

work_image_robot
人造人間について(中1・I君)

『人造人間について』 中1・I君 人造人間とは、主に人によって製造された、人間を模した機械や人工生命体のことであり、人型のロボットなどをさす。その中にはアンドロイド、ガイノイド、バイオロイドなどがある。 それぞれの人造人 …続きを読む »

work_image_kaki101216
かきの観察(小3・Iさん)

『かきの観察』 小3・Iさん 私は先週、かきを観察した。 まず、はじめに目で見て観察した。葉は、へたについていた。私の手のひらぐらいの大きさで、葉みゃくが細かかった。色は、緑と茶色だった。実は、 だいだい色だった。へたの …続きを読む »

work_okaasan
おかあさん(小2・Hさん)

本文 『おかあさん』小2・Hさん わたしのおかあさんは、見るとかわいいです。さわると、やわらかいです。よく言うことは、「かたづけなさい」です。おかあさんは、けっこんしきにいくときにいいにおいがします。おかあさんのやさしい …続きを読む »

51thLhG08hL._SL500_AA300_
『崖の上のポニョ』に見る死への母性的アプローチ(高1・T君)

講評と執筆過程(講師:伊藤雄二郎) 本稿は、国語専科教室の中学3年生の男子生徒がちょうど15歳になった日に、『崖の上のポニョ』を見てただならぬ深さを感じ取り、それをきっかけに 執筆がスタートし、15時間程度の時間をかけて …続きを読む »

51G448CPRPL._SL500_AA300_
『ふたりがいいね』(小4・Sさん)

講評(講師:大山貴代美) たまプラーザ教室に通うSさんは、クルクルとよく動く瞳が印象的な、はつらつとした小学5年生(作文を書いた当時は4年生)です。いつも、好奇心たっぷりに課題と向き合う姿が、現実の世界を生きる活力を感じ …続きを読む »

lens_R
なぞの器械の観察(3年・T君)

講評(講師:澤口佐弥香) ある冬の寒い日、たまプラーザ教室に新しい器械が届きました。かたちは丸くクッキーの入った缶のようで、穴ぼこだらけ。一見しただけでは、何に使うのかわかりません。このひとつの器械が今回の作文を書き始め …続きを読む »

hat
くまのぼうし(2年・Fさん)

講評(講師:林真人、齋藤真紀子) これはFさんが創作した物語文です。 まず、「いつ・どこで・だれが・なにをした」から書き起こし、以降は、「すると」「だから」「しかし」などの接続詞の書かれたサイコロを一文ごとに振り、出た目 …続きを読む »

Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2019 | base design criated by Ani World.