生徒作品

教室に通っている生徒さんの作品を紹介致します。いずれも力作揃いです。今後さらに公開していく予定です。ご期待ください。

「生徒作品」 記事一覧

illust59
大好きな弟(Yさん・小4)

本文 わたしは弟が好きです。おもしろいから好きです。 たとえば、受けんで、魚を二ひき、つりざおを一こ作るという工作がありました。けれども、弟は、魚を一ぴき、長ぐつを一つ、つりざおを一つ作りました。そして、通りかかった先生 …続きを読む »

13_2
「プラトンとヒュームの比較作文 」(Nさん・中学3年生)

  【プラトンとヒュームの比較作文 】(Nさん・中3)    ヨースタイン・ゴルテルは『ソフィーの世界』という本で様々な哲学者の考え方をわかりやすく解説しています。この本の中で描写されているプラトンとヒュームの …続きを読む »

模擬投票の結果報告

国語専科教室では、「模擬投票」として主に中学生以上の生徒に今回の衆議院選挙に投票してもらいました。具体的には以下の手順で投票してもらいました。 『中学生からの対話する哲学教室』の90~91ページを読んで「無知のヴェール」 …続きを読む »

4513720812_c95fb3862f
京都旅行(小5・Rさん)

京都旅行(小5・Rさん) 「あーあ、つまらない京都旅行か・・・・・・」 一緒に京都に行くはずだった友だちが、大阪でノロウィルスにかかって帰ってしまったのです。毎日電話をして、京都旅行の打ち合わせをしていました。私たちが楽 …続きを読む »

シカゴへの旅 (Aさん・インター高1)

本文 『シカゴへの旅』 インター高1・Aさん 今年の夏のシカゴへの旅で、私はたくさんの優秀な人と出会い、何事にも積極的に参加することの大切さを学んだ。そして、将来について、改めて深く考える契機になった。 私が参加したのは …続きを読む »

MX-2610FN_20120927_130059_001
お父さんへ(小3・Sくん)

講評 中島ゆかり あんなS君の表情は、はじめて見ました。 父の日に、お父さんに贈る手紙を書くことになった時のことです。S君のお父さんは、遠い国チリで仕事をすることになり、最近、単身で渡航されたのです。S君は、原稿用紙を前 …続きを読む »

photo
高原学校の思い出(小6・Mくん)

本文 『高原学校の思い出』 小6・Mくん 今回の高原学校で、僕はいろいろな思い出をつくることができた。その中でもかなり心に残っている登山をしたことについて書く。 合宿3日目、僕達は標高2530メートルの蓼科山に登ることに …続きを読む »

Candy
ふしぎなキャンディー(小2・Kさん)

講評 池田真琴 国語専科教室に入室して、まだ間もない小学2年生の女の子です。 講師やお友だちに穏やかな笑顔で話しかけてくる姿が印象的なKさん。言葉数が多いほうではありませんが、授業中の活動を通して、自分自身の意見・意志を …続きを読む »

1192155487_photo
大森貝塚に行きました ほか(小2・K君)

講評 中島ゆかり K君(小2)は、とても本好きです。教室の絵本はもうほとんど読んでいます。 K君の特徴は、集中力があることです。本はシリーズで読破していきます。数か月前はムーミン・シリーズを次から次に読みすすみ、ムーミン …続きを読む »

children
ゲームは“ごっこ遊び”の理想的な代替物か(高2・A君)

講評 木谷紗知子 なぜ、書くのか。 中高一貫の男子校に通うAくんは昨年の夏、幼稚園で実習をした。普段とはまったく違う風景。 「最近の園児はごっこあそびとかしないですねー」 暑い中、実習先から電車を乗り継ぎ、かなりの時間を …続きを読む »

Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2019 | base design criated by Ani World.