admin 記事一覧

文章教室シリーズ1
「国語がもっと好きになる文章教室」シリーズのご紹介

教室主宰者・工藤順一の監修、当教室の講師たちの執筆による『国語がもっと好きになる文章教室』シリーズが合同出版より刊行されました。 本シリーズは、『子どもファンタジー作家になる! ファンタジーはこうつくる』(吉田真澄講師著 …続きを読む »

children
たかしりゅうケンカについて(Tくん・小3)

たかしりゅうケンカについて  (Tくん・小学校3年生)  きょうは、友だちとケンカをしました。  キャッチボールをしていたらきゅうに、友だちが、 「バーカ」 といってきたので、イライラして、ふつうのマンションにあるチラシ …続きを読む »

a1180_008903
「本を買うという行為」(Sくん・小6)

【本を買うという行為】(Sくん・小6) インターネットでの本の販売や電子書せきというのがはやっているという。それにともない書店の閉店が相ついでいる。つい最近、実家の近くの書店も閉店をむかえた。ところで、その書店にこんな思 …続きを読む »

この教室で大切にしている学習の三つの原理 (工藤順一)

外発的ではなく内発的な動機付け 知識の暗記ではなく、リテラシー能力の向上 受信型ではなく発信型の言語教育 大人であるなら、受験とか報酬という外発的なものによって学習の動機付けが可能かつ有効ですが、子どもの場合には、それ自 …続きを読む »

IMG_0191
第2回歴史講座を終えて

12月1日(日)、恵比寿教室にて第2回歴史講座が行われました。生徒7名、保護者の方4名に講師も加えて、合計19名の参加を得ることができました。ご参集いただき、ありがとうございました。  今回の歴史講座の主役は“戦中の少女 …続きを読む »

第2回 12月1日の歴史講座へのご招待状

第2回 12月1日の歴史講座へのご招待状 いまは西暦2013年ですが、あなたは、どんな「物語」を生きていますか。 いまから70年ほど前、多くの日本人は、この日記に書かれているような「物語」を生きていました。それは、時を隔 …続きを読む »

2013年度「読書探偵作文コンクール」結果発表

読書探偵作文コンクール事務局のホームページで「読書探偵作文コンクール」の最終審査結果発表が紹介されています。国語専科教室からも30名を越える生徒さんが参加し、次のような結果となりました。 【コンクール全体】 応募総数12 …続きを読む »

物語の中の町(Nさん・小5)

「物語の中の町」  (Nさん・小学校5年生)  私は、夏休みに、新潟県の上越市に行った。上越市出身の杉みき子さんが書いた『小さな町の風景』を読み、その町に行ってみたいと思ったからだ。たまたま長野県出身の父と石川県出身の母 …続きを読む »

illust59
大好きな弟(Yさん・小4)

本文 わたしは弟が好きです。おもしろいから好きです。 たとえば、受けんで、魚を二ひき、つりざおを一こ作るという工作がありました。けれども、弟は、魚を一ぴき、長ぐつを一つ、つりざおを一つ作りました。そして、通りかかった先生 …続きを読む »

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
講演会報告「岡田淳先生 特別講演会」

2013年3月31日(日)、作家の岡田淳さんが、当教室の生徒と保護者のために、関西から上京してお話をしてくださいました。会場となった東京・青山の<こどもの城>研修室に総勢約140名が集まり、約2時間にわたって行われた講演 …続きを読む »

Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2019 | base design criated by Ani World.