トップレベル・クラス/考える教室 (高校生)

未来を生きる子どもたちの自由と自律のために

国語専科教室 代表 工藤順一

この教室では、カリキュラムの最終着地点として「考える」ということに特化した「自由に自律的に」学ぶ場・機会を用意しています。

これまでの過程とどう違うのかというと、これまでは「考えるべき課題」が教師によって与えられていましたが、これからは、その課題そのものも自分で「考えて」小論文を書かなければならないということです。

教育にできる最後で最高のことは、「自分の頭で、自由にそして自律的に考える能力を与える」ことでしょう。具体的には、生徒が自分で疑問を持ち、 本を鵜呑みにせずに読み、自分なりに考えて答をだせるようにさまざまな角度から後押しをしてあげることです。これまでは教育という文脈で「内発的動機付 け」という言葉で語られたものが、ここでは教育という文脈から自由になり、「自律」という言葉を与えられることになります。

この最終段階では、たとえよりよい解答が親や教師に分かっていたとしても、それを生徒に押し付けることは(とかく教育の名前で誤ってされがちなこ とですが)、してはならないことだと私たちは認識しています。理由は、親や教師の生きた時代とあまりにも違う時代をこれからの子どもたちは生きなければな らず、最終的には、各個人の「自由と自律」が目的であるからです。

自由とは、「与えられた条件・環境・宿命からの自由」です。小学生くらいまでは、環境や生まれと言われているものに大きく左右される時期であり、 この時期に母語が形成されます。しかし、思春期を境に生まれてくる新しい自我があり、それを育むことで、その自我は生まれや環境を超え、環境から自立して 自ら環境を作っていくことのできる強い自我=大人となっていきます。そのプロセスの中で「自律」ということは、本当の自分、古い言葉でいうならば疎外され ない自分というものの確立に必要なことです。

こうしたことは、言葉で語るだけなら平易なことですが、いざ実行するとなると極めて難しく、教師や大人である私たち自身すらたじろぐような課題で もあります。その理由の筆頭に上げられるべきことは、他者と異なる本来のかけがえのない自分(個性と言い換えてもよいでしょう)を尊重することが、これま での日本の教育ではかけ声のみに終わり、ないがしろにされ続けてきたからです。その結果、若者には奇妙な「自分探し」のようなことが起こり、フリーターや ニートの大きな原因となってしまう。

現代社会は知識と情報にあふれています。そして、知識と情報を多くもつほどそれに拘束されてしまい、実は「自由と自律」というものからは遠ざかり ます。しかし、知識も情報も必要なものであるのは間違いありません。受験勉強はやり方さえ間違えなければ役にたつものでしょう。ですから、この「自由と自 律」という課題は、ある種のダブルバインド状況をもたらしてしまいます。そして、求められているものは、あくまでも、そのダブルパインドからの突破口=ブ レークスルーです。

具体的な授業の形態は、与えられた解答や情報を鵜呑みにせず、批判的思考力・読解力(クリティカル・シンキング/リーディング)を発動しながら、一月に一本2000字相当の論文を、論理的思考力を発揮して(バラグラフ・ライティングの手法で)書いて行くことになります。

授業の形式 ――形はシンプルでも内容は豊かに

  • 毎月1つのテーマについて考え、2000字程度の論文を提出する
  • 読む資料や講義の内容は、各担当講師の裁量に任せる
  • 論文の、論理展開にはCritical Thinking(クリティカル・シンキング)を、記述にはParagraph Writing(パラグラフ・ライティング)の手法をそれぞれ用いる(→文章技法
  • 総合的なツールとして、教室独自の教材である「考えるシート」を使う
  • できあがった論文は、担当講師のコメント付きで教室ホームページに公開する

教材――問題意識に対応する柔軟な素材の提供

  • 『高校入試のための評論入門』 石原千秋(NHK books)
  • 生徒の問題意識に合わせて各講師が提供する教材 他

トップレベル・クラス/考える教室をよりよく知っていただくために

トップレベルクラスの生徒作品


トップレベルクラス

children
ゲームは“ごっこ遊び”の理想的な代替物か(高2・A君)
講評 木谷紗知子 なぜ、書くのか。 中高一貫の男子校に通うAくんは昨年の夏、幼稚園で実習をした。普段とはまったく違う風景。 「最近の園児はごっこあそびとかしないですねー」 暑い中、実習先から電車を乗り継ぎ、かなりの時間を ...続きを読む »
bluelight
ナノイー製品から考える記号的消費の形(高3・Oさん)
講評(講師:石塚 廉) 今回Oさんは、パナソニックの「ナノイー」製品を購入するという身近な体験から、〈消費〉をテーマに小論文を書き上げました。本文では、商品を購入する人々についてグループ分けしながら丁寧に分析を進められて ...続きを読む »
51GNGXJXT4L._SL500_AA300_
人間はなぜ人型ロボット研究し続けるのか(高2・A君)
講評(講師:石塚 廉) 今回A君は、「ロボット」をテーマに「考える教室」へ進級するための論証作文に取り組みました。取っ付き易く、かつ深みのあるテーマ選択だと思います。 この作文は、テーマ選択の性質上、『これで考える力がぐ ...続きを読む »

Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.