ひまわりとアンセリウムの観察作文

 向日葵の観察作文を行いました。
 夏、何気なく見ていて、子どもたちもよく知っているお花ですが、「五感」を使って観察することにより、新たな発見がありました。
 「見る・触る・聞く・匂いをかぐ・味わう」の5つの感覚を意識して、物事を見ることにより、その子が感じた、その子にしか書けない文章が生まれてきます。
 見たものを「まるで~のような」と子供の目線でたとえて書き、同じ向日葵でも一人一人感じ方は違ったようです。


「ひまわりのかんさつ」  K.Wくん(小3)

 今日ぼくは、ひまわりの観察をしました。
 まず、見てみました。くきにも毛がはえていました。まん中は黒色、はっぱはみどり色、くきはきみどり色、はまびらはき色をしていました。
 つぎにさわってみました。さわったら花びらがおちました。くきは下にいくほどかたくなっていました。はっぱはたたいてさわってみたら、雨が地面をたたくような音がしました。
 そして、においをかぐと、えんぴつに近いにおいがしました。
 さいごに、まん中はやわらかくてマジックテープのようでした。花びらはやわらかく見えました。

「アンセリウムのかんさつ」  S.Aくん(小3)


今日は、アンセリウムのかんさつをしました。
 まず、目で見てみました。花びらがだえん形をしていて、ハートのような形でした。さわると、やわらかくてプクプクしていました。
 次に、音を出して聞いてみました。中心がへこんでいるから、下からビンタをすると、ポコンという音がしました。
 においをかぐと、にがいかんじがしました。まるで、コーヒーみたいでした。

「ひまわり」  N.Sさん(小2)


 今日、わたしはひまわりのかんさつをしました。
 まず、においをかいでみると、えんぴつのしんのにおいがしました。
 つぎに見てみると、まんなかがまるでありがくっついたはちのすのようでした。
 そのつぎに、ひょうめんをさわるとサーという音がしました。
 それから、ひまわりをみると、去年の学校のさくひんてんでのおともだちのひまわりばたけのえをおもいだします。
 さいごに、くきがすごくざらざらしていて、さわるとはなびらがおちました。
 わたしはおはなのなかでひまわりが一ばんすきです。なぜかというとわたしは、きいろいおはながすきだからです。
【講評】
 向日葵を見ながら、花びら1枚1枚にある筋の模様に興味を持った生徒、茎に生えているザラザラした毛を発見した生徒、花の中心を「黒いありが住んでいる蜂の巣みたい」と不思議に思い分解してみた生徒、と興味をもった部分は様々でした。
 その「五感」で感じたことを言葉に置き換えて、文章にすることができました。

講師:池田真琴



更新情報

夏休み特別講座
夏の体験教室のご案内
今年の夏の体験教室についてご案内いたします。 新型コロナウィルスによる社会的な影響が広がっている状況に鑑み、今年は特定の日程は設けず、個別に受講日時を決めていきます。 夏の体験教室では通常の体験授業よりも多くの回数が受講 ...続きを読む »
更新情報
授業再開のお知らせ
5月25日に首都圏についても政府の緊急事態宣言解除が発表され、東京・埼玉・神奈川の休業要請も解除されました。 よって、6月度(6月3日)より通常授業を再開致します。 当教室では、引き続き新型コロナウイルス感染予防の対策・ ...続きを読む »
更新情報
2020年始挨拶
 1997年に当教室が創設されてから20年以上の月日が経過しました。創設の数年後に、「作文」のみで独立した一教科にすべきと主張した「作文独立教科宣言」は、現在でも真理であり有効です。話し言葉と書き言葉は語彙が違うだけでは ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2020 | base design criated by Ani World.