雑誌『小三教育技術』2013年6月号

月刊誌『小三教育技術』(小学館)に、教室主宰の工藤順一が執筆した作文指導の記事が掲載されています。

4つのポイントを軸に、子どもの「書きたい」という意欲を基盤とした教室での実践活動事例を紹介しています。

①書くことへの内発的な欲求を生む読書体験

②書くことへと導く次善の方法

③書きたくなる面白作文のテーマ設定

④次への意欲を生む作文の評価方法

ご興味がおありの方は、ぜひ書店で手にとってご覧ください。

http://family.shogakukan.co.jp/ed-sho3_cover/


更新情報

夏休み特別講座
夏の体験教室のご案内
今年の夏の体験教室についてご案内いたします。 新型コロナウィルスによる社会的な影響が広がっている状況に鑑み、今年は特定の日程は設けず、個別に受講日時を決めていきます。 夏の体験教室では通常の体験授業よりも多くの回数が受講 ...続きを読む »
更新情報
授業再開のお知らせ
5月25日に首都圏についても政府の緊急事態宣言解除が発表され、東京・埼玉・神奈川の休業要請も解除されました。 よって、6月度(6月3日)より通常授業を再開致します。 当教室では、引き続き新型コロナウイルス感染予防の対策・ ...続きを読む »
更新情報
2020年始挨拶
 1997年に当教室が創設されてから20年以上の月日が経過しました。創設の数年後に、「作文」のみで独立した一教科にすべきと主張した「作文独立教科宣言」は、現在でも真理であり有効です。話し言葉と書き言葉は語彙が違うだけでは ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2020 | base design criated by Ani World.