『歴史講座』(12月2日(日))

2012年12月2日(日)、通常の教養講座(古典・哲学)に追加して、教養講座(歴史)を開講致します。西洋由来の哲学と日本古来の古典に加えて歴史を合わせて学ぶことで、より多角的なものの見方を育む教室が実現していくこととなります。

歴史講座

【テーマ:日米の小学校歴史教科書の比較と分析―第2次世界大戦をどう描いているか】
12月2日(日)13:00~14:30(国語専科教室講師:中村一郎)
歴史を理解する上で最も大切な能力は何でしょうか?日本の教師は「共感力」が、アメリカの教師は「分析力」がもっとも重要であると考えているそうです(渡辺雅子著『納得の構造―日米初等教育に見る思考表現のスタイル』)。具体的には、日本の教師は生徒に「どのように」と問いかけ、アメリカの教師は「なぜ」と問いかけます。
今回の歴史講座では、第2次世界大戦に関する日本の歴史教科書とアメリカの歴史教科書の記述を比較します。しかし、どちらが良いのかを決めることは目的ではありません。二つの歴史教科書を批判的に分析することが目的です。歴史を対象に、普段、教室で学んでいる三角ロジックやクリティカル・シンキングを実践しましょう。
※参考文献:村田薫、James M. Vardaman Jr. 著『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』(ジャパンブック)、『新編新しい社会6上』(東京書籍)、渡辺雅子著『納得の構造』(東洋館出版社)、加藤陽子著『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)

アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書納得の構造―日米初等教育に見る思考表現のスタイルそれでも、日本人は「戦争」を選んだ

お申し込み方法

【電話】
03-6696-3626(恵比寿教室内運営本部)

【メール】
office@mail.kokusen.net
題名を『教養講座参加申し込み』として、以下の内容を本文にご記載下さい。折り返し確認のご返信を差し上げます。

  1.受講日
  2.お名前
  3.通室中の教室と学年
  4.参加希望講座(歴史/古典/哲学)
  5.お電話番号
  6.メールアドレス

詳細

【日時】
12月2日(日)13:30~15:00

※当日は、古典講座(15:00~16:30)、哲学講座(16:30~18:00)も開催しております。ぜひ合わせてご参加下さい。(古典講座、哲学講座の詳細は後日ウェブサイトに掲載致します)

【古典講座・哲学講座の詳細】

【受講料】
無料
【対象】
中高生以上
保護者の皆様の参加も歓迎しております

【開催場所】
恵比寿新フロア 渋谷区東3-17-11 ヴェラハイツ恵比寿東(マツオ十字堂薬局隣接)恵比寿教室隣



各種講座と父母会

各種講座と父母会
第11回哲学教室のレポート
第11回哲学教室のレポート 第11回テーマ:「”差別”とは何か “平等”とは何か」 今回5名の生徒と、保護者を含め3名の大人の方にご参加いただき、大変充実した会になりました ...続きを読む »
IMG_0191
第2回歴史講座を終えて
12月1日(日)、恵比寿教室にて第2回歴史講座が行われました。生徒7名、保護者の方4名に講師も加えて、合計19名の参加を得ることができました。ご参集いただき、ありがとうございました。  今回の歴史講座の主役は“戦中の少女 ...続きを読む »
お知らせ
第2回 12月1日の歴史講座へのご招待状
第2回 12月1日の歴史講座へのご招待状 いまは西暦2013年ですが、あなたは、どんな「物語」を生きていますか。 いまから70年ほど前、多くの日本人は、この日記に書かれているような「物語」を生きていました。それは、時を隔 ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.