お父さんへ(小3・Sくん)

講評 中島ゆかり


あんなS君の表情は、はじめて見ました。

父の日に、お父さんに贈る手紙を書くことになった時のことです。S君のお父さんは、遠い国チリで仕事をすることになり、最近、単身で渡航されたのです。S君は、原稿用紙を前にして、ひとことも話ざず、宙に目をこらしています。いつも、「あ、それ、知ってる!」とお友だちの話に割って入るS君が、です。

S君は渾身で集中していました。そして、彼の本当の、純粋な気持ちがあらわれました。その日はクラスのだれも、無駄なおしゃべりをしませんでした。しーんとした教室に、鉛筆を走らせる音だけが響いていました。

 

本文

『お父さんへ』
小3・Sくん

チリへ行ってから、たいへんふじゆうなくらしになったと思います。そんなたいへんな中、この手紙をよんでくれるとうれしいです。
お父さんの前ではなみだをみせませんでしたが、本当はあのとき、なきたくなってしまいました。でも、ぼくはそのとき、なきませんでした。なぜかというと、お父さんまで当日に心にきずをつけたくなかったからです。
いつかあそびにいきます。その時あいましょう。

そしてS君は、夏休みにお父さんに会いに、地球の裏側の国、南米チリへ、行きました。

本文

『チリ』
小3・Sくん

今年の夏休み、お父さんのいるチリへ行ってきました。
まず、気こうは、雨が一日じゅうふりません。日本とふりかたがちがいます。二ヶ月半の間に一日しか雨がふりません。気温は朝はれいど近く、昼は二十ど近くなります。
食べ物について。チリの食べ物は、しんせんでおいしいです。とくに、アボガドがおいしいです。
のら犬がいっぱいいます。うんちがいろいろな所にあります。
それから、バルパライソという町にいきました。ヨーロッパの町のようにきれいでした。この町には海ぐんのきちがあります。海ぐんの船の写真をとると、海ぐんにカメラをかいしゅうされます。
二十八時間かけてチリへ行ったかいがありました。

※作品のコピー・無断転載を禁止します



プライマリークラス

children
たかしりゅうケンカについて(Tくん・小3)
たかしりゅうケンカについて  (Tくん・小学校3年生)  きょうは、友だちとケンカをしました。  キャッチボールをしていたらきゅうに、友だちが、 「バーカ」 といってきたので、イライラして、ふつうのマンションにあるチラシ ...続きを読む »
MX-2610FN_20120927_130059_001
お父さんへ(小3・Sくん)
講評 中島ゆかり あんなS君の表情は、はじめて見ました。 父の日に、お父さんに贈る手紙を書くことになった時のことです。S君のお父さんは、遠い国チリで仕事をすることになり、最近、単身で渡航されたのです。S君は、原稿用紙を前 ...続きを読む »
Candy
ふしぎなキャンディー(小2・Kさん)
講評 池田真琴 国語専科教室に入室して、まだ間もない小学2年生の女の子です。 講師やお友だちに穏やかな笑顔で話しかけてくる姿が印象的なKさん。言葉数が多いほうではありませんが、授業中の活動を通して、自分自身の意見・意志を ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.