参加者募集「プリミティヴ・クレイ・ワークⅡ IN 月光町」

身近なものを使ってみよう


「今度のワークショップにトイレットペーパーの芯、持ってきて」
「陶芸ワークシッョプだよ。リサイクル工作じゃないよ」
「みんなにいろいろ考えてほしいから、ひとつだけ例を挙げるね。トイレットペーパーの芯の周りに薄く伸ばした粘土を巻けば、立てることができるようになる」

前回の陶芸ワークショップ『プリミティヴ・クレイ・ワーク』では、ひじやひざで粘土をくぼませ、器を作るという技法を学びました。(前回のワークショップの様子は国語専科教室ホームページをご覧ください。)  
三度目に千田玲子を招いて実施する5月13日(日)のワークショップでは、トイレットペーパーの芯や新聞紙など、ごく身近にあるもの(紙)を陶芸に利用することを経験します。また、自由に作ることもできます。

できた作品は仙台の窯で焼成され、月光町に帰ってきます。焼成には少し時間がかかります。

お申込みをされた方に、振込先や詳しい行き方のご案内を送付いたします。

【千田玲子 プロフィール】
朝日陶芸展、陶芸ビエンナーレ展、草月花の器ビエンナーレ、酒の器展、伊丹クラフト展などで入賞。個展多数。仙台在住。

詳細

  • 日時: 5月13日(日) 10時~12時
  • 場所: 月光町アパートメント501 (目黒区下目黒6-9-22 林試の森公園北門そば)
  • 対象: 小学生~おとな
  • 定員: 25人
  • 費用(焼成費込み):
    • ひとり   3500円
    • 家族ふたり 6000円
    • 家族3人  8000円
  • 持ち物: トイレットペーパーの芯2~3個、新聞紙、はさみ

より大きな地図で 月光町アパートメント を表示

お申し込み

次のいずれかの方法でお申し込みください。



お知らせ

更新情報
臨時休講のお知らせ
緊急事態宣言が首都圏に出されることが確実になりました。このような状況に鑑み、4/8~4/28まで休講とさせていただきます。今回の休講は不可抗力によるものですが、この間の授業につきましては、後日、代替授業を行う予定です。尚 ...続きを読む »
お知らせ
4月以降の授業について
4月以降の授業は基本的には開講として準備しております。但し、政府発表等で事態が急変した場合は休講もありえます。その場合は、ホームページ等でお知らせいたします。 Check
お知らせ
今後の授業の予定について
新型コロナウイルスによる感染症が広がり始めています。 現在のところ、当教室では3月以降も授業を実施していく予定です(年間授業日程)。 ご通室につきましては各ご家庭の状況等に応じてご判断ください。 授業に際しましては、感染 ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2020 | base design criated by Ani World.