ワークショップ報告「秋の美術鑑賞・世田谷美術館」

10月10日、世田谷美術館「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」にて、秋の美術鑑賞ワークショップを行いました。参加したこどもたちそれぞ れが、「一番印象に残ったものを先生や友達に紹介しよう」というテーマのもと、「裸の心」で作品と対峙し、感想を文章にしました。

ワークショップ報告 (小林敦)

今回観に行ったのは、スイス、ヴィンタートゥール地方の美術館所有の印象派をはじめとする近代絵画、彫刻のコレクションだ。

展示内容は、今からおよそ100年前の絵画・彫刻。その時代は、機械化の時代の真っ只中。絵画とはいえ、時代の変遷とは無関係にはいられなかった。とりわけ、写真=カメラの普及により、目の前の現実を切り取り、再現することが容易になってしまった時代でもある。

たとえば、それまでの時代、特に、ルネッサンス期のダ・ヴィンチやアルブレヒト・デューラーなどが創始者といわれる遠近法は、目で観る世界をその まま、まさに再現するために、数理的な技法を用いたわけで、その後は、それが主流となっていた。しかし、写真が一般化すると共に、その担っていた意味、役 割が薄れてきたわけだ。

とすると、絵画の役割はいかに? 絵画の絵画たる意味(意義)は? といったことを模索しながら、こうした時代背景の中で、さまざまな表現技法が生まれるのも必然であった。

そこで、その先鞭をきったのが印象派。そして、キュビズム、表現主義、フォビズム(野獣派)、などなど。対象を正確に再現するだけでなく、自分 (たち)は、世界をどのように捉えているのか。印象派は、光学技術(たとえばゲーテの色彩論)に基礎をおき、対象を光に分解して再構成するという技法。 キュビズムは、ある一点からの視点だけでなく、対象をさまざまな視点に解体し、それをひとつの画面に再構成したもの。と、このように、眼の前の現実をあら ためて、じっくりと観る(=読む)ことで、新しい技法が生まれたのだ。

これがテーマになった時代の作家たちの作品のコレクションであった。この近代の世界観は、絵画をはじめとするアートのみならず、文学の世界にもあ らわれているので、その意味では、国語や美術、数理科学、哲学などといったジャンル別に語られる問題ではなく、あらゆる思考・表現ジャンルに共通する問題 であるということを、基本的な概念として押さえておくことが必要だろう。



ワークショップ

IMG_0191
第2回歴史講座を終えて
12月1日(日)、恵比寿教室にて第2回歴史講座が行われました。生徒7名、保護者の方4名に講師も加えて、合計19名の参加を得ることができました。ご参集いただき、ありがとうございました。  今回の歴史講座の主役は“戦中の少女 ...続きを読む »
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
講演会報告「岡田淳先生 特別講演会」
2013年3月31日(日)、作家の岡田淳さんが、当教室の生徒と保護者のために、関西から上京してお話をしてくださいました。会場となった東京・青山の<こどもの城>研修室に総勢約140名が集まり、約2時間にわたって行われた講演 ...続きを読む »
ワークショップ
音楽ワークショップ報告『音・ことば・沈黙のためのエチュード by Jun Kawasaki/contrabass』
  2013年1月14日、音楽ワークショップ『音・ことば・沈黙のためのエチュード』を、月光町アパートメントで開催しました。今回コントラバスを演奏してくださった河崎純さんは、世界を舞台に活動される音楽家ですが、本 ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.