『文書術-読みこなし、書きこなす』(中公新書)

文書術―読みこなし、書きこなす (中公新書)

これまでの本と異なり、内容は完全に大人のための文書術(文章を書く技術)です。そして、文章といっても名文や美文を書くための技術ではなく、文章 を書くとはそもそもどんな営みなのかという原点に立ち返って、おろそかにされがちな以下の4つの原理・原則を示し、それを章立てにしました。第5章は、ま とめとして、それを認知意味論と哲学の観点からさらに考察を加えてみました。

  1. 事実にのっとり「書き言葉」で書くこと
  2. 事実を整理して書くこと
  3. その上に自分の意見や思想を加えること
  4. 最終的に型を意識し、理解されるように書くこと
  5. 世界を読み書きする私――まとめと総論

この本での説明に使用されている教材例は、すべて教室で実際にお子さんが取り組んでいるものです。第1章から第4章まで、ほぼ教室のカリキュラムであるプライマリー・スタンダード・ハイレベルの内容に重なります。『作文王』シリーズの指南書としても使えるはずです。

なぜ、そして何のためにその教材にお子さんが取り組んでいるのか、その理由がこの本を読めばよく分かると思います。それは、実際のところ、大人が 文章を書くときにも役立つはずです。裏返して言うならば、大人になっても役立つ内容を、この教室では教えていることにつながります。

「大切なことは、大人も子どもも変わらない」

それがこの本のキャッチ・フレーズです。ぜひお役立てください。

インターネットでの書評例



著作

更新情報
福島大学の入学試験(小論文)で『文書術』が使われました
福島大学・人間発達文化学類で、今年度の学士入学・編入試験の小論文試験として『文書術』中公新書と、『作文王・トップレベル』から引用されて出題されました。昨日、その許諾をしたので、おって福島大学のホームページ上でも見られると ...続きを読む »
更新情報
「読書メーター」で工藤順一の著書のレビューが見られます
読書メーターのレビューをご紹介します。 この教室では、これらの本のレビューの内容通りの授業が行なわれています。 それを、教室とは関係のない読者が評価してくださいました。 『文書術―読みこなし、書きこなす』 (中公新書) ...続きを読む »
ファンタジー
『国語がもっと好きになる文章教室 ファンタジーはこうつくる』創作の実践報告
「ファンタジーはこうつくる」(合同出版)のテキストを活用した創作の実践を報告いたします。 Aさん(小4)は、教室に通い始めて約8か月の、物静かな女の子です。読書が好きで本を読むうちに、自分でもおはなし作りをしてみたくなっ ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.