「わたしが学校で一番すきな場所」(小3・Iさん)

講評(講師:木谷紗知子)

「学校がなくなったら」というタイトルの「もしも作文」のプリントを前に、Iさんは首を何度もかしげ、困っている様子でした。なぜ、と私は問いかけました。その答えがこの文章です。およそ二十分、しんとした集中に入って書き上げました。

本文

『わたしが学校で一番すきな場所』

わたしは学校のおみどうがすきです。

なぜ、おみどうがすきなのかというと、まず、心の中で神様にあえるから。二つ目の理由は、悪い心がいい心になるからです。

おみどうでは、マリア様の色が白くて、マリア様の手にロザリオというものがかかっています。ロザリオというのは、みんなのためにおなくなりになったイエス様のためにいのるためのものです。わたしは、一年生の時に作ったロザリオと、学校で買ったロザリオを持っています。ロザリオはいろいろな色があります。

わたしはおみどうに行くといつも、心がほっとします。わたしは、神様やマリア様がだいすきです。

※作品のコピー・無断転載を禁止します



スタンダードクラス

お知らせ
物語の中の町(Nさん・小5)
「物語の中の町」  (Nさん・小学校5年生)  私は、夏休みに、新潟県の上越市に行った。上越市出身の杉みき子さんが書いた『小さな町の風景』を読み、その町に行ってみたいと思ったからだ。たまたま長野県出身の父と石川県出身の母 ...続きを読む »
illust59
大好きな弟(Yさん・小4)
本文 わたしは弟が好きです。おもしろいから好きです。 たとえば、受けんで、魚を二ひき、つりざおを一こ作るという工作がありました。けれども、弟は、魚を一ぴき、長ぐつを一つ、つりざおを一つ作りました。そして、通りかかった先生 ...続きを読む »
4513720812_c95fb3862f
京都旅行(小5・Rさん)
京都旅行(小5・Rさん) 「あーあ、つまらない京都旅行か・・・・・・」 一緒に京都に行くはずだった友だちが、大阪でノロウィルスにかかって帰ってしまったのです。毎日電話をして、京都旅行の打ち合わせをしていました。私たちが楽 ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.