トマト(小2・Hさん)


『トマト』
小2・Hさん

トマトは、木にぶらさがっている。
子どもは、みどりのようふく。
子どもはまだまだ生きる。
そろそろとられる。
大人は、赤い色のようふく。
もうしんじゃう。
たいへーん。
でもたべて大きくなろうね。
かわいいなまえだね。

※作品のコピー・無断転載を禁止します

講評(講師:黒木里美)

現在、Hちゃんは小学校4年生です。二年前、彼女が2年生のプライマリークラスので書いてくれた詩です。

この二年間、「トマト」の詩は教室の本箱にずっと飾られてきました。教室を訪れるすべての人に、言葉で表現する楽しさを教えてくれる作品です。

帰国子女の彼女にとって「言葉」の習得は、日本にずっと暮らしている私たち比べ物にならないほどの苦労があります。

現在も、詩を書いたり、言葉遊びを純粋に楽しみながら勉強してくれています。明るく、感性豊かな彼女の成長が楽しみです。



プライマリークラス

children
たかしりゅうケンカについて(Tくん・小3)
たかしりゅうケンカについて  (Tくん・小学校3年生)  きょうは、友だちとケンカをしました。  キャッチボールをしていたらきゅうに、友だちが、 「バーカ」 といってきたので、イライラして、ふつうのマンションにあるチラシ ...続きを読む »
MX-2610FN_20120927_130059_001
お父さんへ(小3・Sくん)
講評 中島ゆかり あんなS君の表情は、はじめて見ました。 父の日に、お父さんに贈る手紙を書くことになった時のことです。S君のお父さんは、遠い国チリで仕事をすることになり、最近、単身で渡航されたのです。S君は、原稿用紙を前 ...続きを読む »
Candy
ふしぎなキャンディー(小2・Kさん)
講評 池田真琴 国語専科教室に入室して、まだ間もない小学2年生の女の子です。 講師やお友だちに穏やかな笑顔で話しかけてくる姿が印象的なKさん。言葉数が多いほうではありませんが、授業中の活動を通して、自分自身の意見・意志を ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.