『子どもの才能は国語で伸びる』(エクスナレッジ)

子どもの才能は国語で伸びる

この本は高邁な理想の教育を述べたものではなく、また、現状の教育をなげいたり、難しく分析している本でもありません。国語=日本語の読み書き教育としてやらなければならないことをきっちりと設定し、それを地道にやり、記録した本です。

また、問題の解説本でもなく、学校国語のおままごとの再演でもありません。どうすれば読み書き能力をアップできるかということに正面から取り組み、その具体的な方法をこれ以上ないくらい詳細に描いた希有の本です。

お母様でも十分に読みこなしながら御家庭でも実践できるように書きました。実際に授業を行っている教室スタッフも執筆に参加しております。



著作

更新情報
福島大学の入学試験(小論文)で『文書術』が使われました
福島大学・人間発達文化学類で、今年度の学士入学・編入試験の小論文試験として『文書術』中公新書と、『作文王・トップレベル』から引用されて出題されました。昨日、その許諾をしたので、おって福島大学のホームページ上でも見られると ...続きを読む »
更新情報
「読書メーター」で工藤順一の著書のレビューが見られます
読書メーターのレビューをご紹介します。 この教室では、これらの本のレビューの内容通りの授業が行なわれています。 それを、教室とは関係のない読者が評価してくださいました。 『文書術―読みこなし、書きこなす』 (中公新書) ...続きを読む »
ファンタジー
『国語がもっと好きになる文章教室 ファンタジーはこうつくる』創作の実践報告
「ファンタジーはこうつくる」(合同出版)のテキストを活用した創作の実践を報告いたします。 Aさん(小4)は、教室に通い始めて約8か月の、物静かな女の子です。読書が好きで本を読むうちに、自分でもおはなし作りをしてみたくなっ ...続きを読む »
Copyright © 工藤順一 国語専科教室 2017 | base design criated by Ani World.